代表の渡辺です

代表の渡辺です

皆様、こんにちは。当社マングースの代表、渡辺です。

このページをご覧いただき、ありがとうございます。

 当社の採用パンフレットはご覧になりましたか?
ご覧になった方は、表紙のタイトル「考えて行動したら、変人と言われた」を読んで、ずいぶん変わったタイトルだなと思いましたか?
そこで今回は、この理由をお話しさせてください。

 当社は、今までにないユニークな製品、オリジナリティのあるサービスを世に出そうとしています。
究極を言えば、素材・素子・製造技術だと思います。
そんな会社を社会が必要としているからです。

そのために、「考えて行動したら、変人と言われた」というように、独創的な考えでも臆せずに実行した経験のある人、を探しています。

 日本の社会では、伝統的に「皆と同じ事をする人を良い人、違う事をする人を変な人」と漠然と決めつけている気がします。

常識と言われている事でも、「こうしたらもっと良いんじゃないか?」という事が沢山あって、でも、いざそれをやろうとすると「何で?」とか「止めた方がいいよ」とか言われて。

 聖徳太子の十七条の憲法の第1条に「和を以て貴しとなす」という条文があります。しかし、ここで言う和とは「同じ」という意味ではなく、仲良くする、争いをやめる事を示します。

聖徳太子は大切な第1条で「大いに議論し互いに理解して事を行ないなさい。意見が違ったからといって争ってはいけません」と言っているように思えます。

聖徳太子

 

 当社の標語で「小さくすぐやる」がありますが、その真意は「新しい事を思いついたら小さくすぐやろう。そうすれば失敗してもロスは少なく、経験値がプラスになる」という考えです。
中小企業は会社の存在そのものが「小さくすぐやる」「小さくすぐやれる」です。

 当社は、あえて「変人?」を採用しようとしています。
変人は見方を変えれば、常識に囚われずに行動できる人で「とても素直な人」かもしれません。
当社は、そんな「変人?」のあなたと、新たな価値を創造し社会に提案しようとしています。

 もしあなたが、「考えて行動したら、変人と言われた」というような体験をお持ちなら、ぜひ当社の説明会にご参加をお願いします。

 

mongoos_rogo_ver2

株式会社マングース
渡辺良朗(中小企業診断士)