当社は今から15年前にNet販売を始めました。当社が今あるのは、WWWでのNetの仕組みと、初めて全国配送システムを作ったヤマト運輸さんのおかげです。

そんなNet販売のメリットは、実店舗に比べとてもたくさんありますがデメリットが無いわけではありません。

 メリット

  1. 自分でやれば限りなく低コストで開店できる
    Homepageを自分で作るか、在庫をするかなどで大きく変わります
  2. 展示商品数に柔軟性がある 
    実店舗では店舗面積で展示数が決まりますがNetではそれがありません
  3. やろうと思えば24時間365日無人で営業できる
    一般にNetショップで休日・夜間は無人でメールで受けるだけです。
  4. 立地による売上の差が少ない
    田舎の会社でも、原宿か渋谷の店舗と同様に目立つ事も可能です
  5. 何かとシステム化しやすい・数値化しやすい
    例えば、自社のHomepageがどのように見られているか様々に数値で分析できます。
  6. 販売方針の変更を柔軟に行なえる
    実店舗では、店の模様替えにコストと時間がかかります。Netなら比較的簡単です。

などたくさんあります。

一般に実店舗なら数千万円かかるような事をその数十分の1あるいは数百分の1のコストで行なえます。必要なら検索語句によって異なるHomepageを見せる事もできます。実店舗ではとてもできない事です。

 デメリットはメリットの裏返しです。

  1. 立地に関係なく突然強力なライバルが現れる
    実店舗では、距離が障壁となってライバルとの競合を避ける事ができます
  2. 実店舗に比べてまだまだ発展段階で変化が激しい
    Netでの販売は一般の競合店以外にドロップシッピングなど様々な競合が想定されます
  3. 実店舗とは異なるノウハウが多い
    例えばHomepage関連の技術、在庫管理、クラウドファウンディング
  4. Netに適当な担当者が居ない
    経営者自身がある程度理解していないと難しいのが現実です
  5. あまりオープンにしたくない
    例えば、下請け業者などは親会社に遠慮してNetでの公開はやりにくいようです。

 では、そんなに便利なNet販売を使わない業者がなぜ多いのかという事ですが、「技術的にとっつきにくい」「自社にNetを担当できる人が居ない」が多いと思います。

当社は、15年前からNet販売を行なっていますが、当時と今ではNet販売の環境は様変わりしています。今後も大きく変化すると思います。

そんなNetですが、例え予算が無くても努力次第で様々なビジネスを行なえます。やる気がある多くの人に、その方の夢や技術に合わせて機会を提供するビジネス手法です。